オイル、ミルク、ジェル、クリーム、ふきとり、泡はどう使い分ける?

クレンジングにはオイル、ミルク、ジェルなどいろいろなタイプがあるので肌の状態や好みに合わせて選んで使用します。
汚れ落ちが良いのはオイルタイプですが、洗浄力が強いため乾燥肌の人はつっぱり感がでることもあります。
ミルクタイプは刺激が少なく肌に優しく落とすことができますが、しっかりメイクはひまわり落ち切らないことがあります。
ジェルは汚れ落ちがよくメイクと素早くなじんですっきりと落とすことができますが、固めのものは手のひらで一度温めて使うなどの工夫が必要になります。
クリームタイプは洗い上がりがしっとりとして乾燥肌に向いておりマッサージ効果も得ることができますが、メイクとなじませるのに時間がかかり油膜が残ることもます。
泡ででてくるタイプのクレンジングは濡れた手でも使えることが多く、簡単に使用することができるので疲れている時などに便利です。
手軽に使えるふきとりタイプですが、肌をこすってしまうため負担がかかるので毎日使用せずに忙しくてゆっくりメイクを落とせないときなどに一時的に使用するのがよい方法です。
肌に良いからといって落とすのに時間がかかるものだけを使おうとすると、メイク落としが負担に感じるのでいくつかのタイプを用意しておくとクレンジングが楽にできます。

Filed under: 未分類 — ゆり 3:18 PM